スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
久々に完全休養
一ヶ月ちょいぶりに完全に休養できた・・
なんだかんだこのところ休日に色々と予定が入って体を休めることができず
悲鳴を上げていたがこの2日ほとんど外に出ず家でマターリすることが出来た。
この先来週か再来週にアキバへ行って18日~26日まで旅行へ行くんでまた
完全休養は先になりそうな予感・・(--;


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/03 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アキバで散財(--;
今日は下旬の旅行に備えてxDメディアとDVD-Rを買いにアキバへ。
当初先の2つだけを買いにいくつもりがアキバの魅惑に魅了されてまた余計なモノを買ってしまった(--;
7発LEDライト¥2500、エロ漫画¥800、単3・4NiMH¥2600、光学マウス¥1000、グッズ¥2000
計¥8900も余計に出費・・・・
結局xD¥13500、DVD-R¥11000もあわせて¥33400也(大汗
意志の弱さ露呈しまくりw


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/09 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
LEDライト衝動買い
一週間前にアキバで7発LED買ったばかりだっちゅーのに
じゃんばり氏に今日1発超高輝度LEDライト買ったと言われ・・
旅行の準備で小物をHOMESに買いに行った帰りに何気なくヤマダ電器へ寄ったら
OHM電気製1発超高輝度LEDライト売ってるしΣ( ̄ロ ̄lll
次の瞬間手にはライトが握られておりましたw(じゃんばり氏のはGentos製)
帰って電池込めて点灯させたら明るい明るい!
普通のLEDライトは光が分散して遠くを照らすときはほぼ絶望的なのに対し
超高輝度LEDライトの方は普通の電球並に遠く照らせるし♪
ただ残念なのが明るくなった分LEDのメリットだった省エネが無くなってしまったという点。
単四電池x3で8時間しか保たないのだ(従来型だと20時間とか)
更なるLEDの進化に期待したい。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/16 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今日からタイ・ミャンマー旅行へ行って来まつ
今日の予定は18:30の便で日付変わるか位にタイに到着。
トランジットで8時にタイを出発して9時にミャンマーに到着。
んで24日の夜にタイに戻ってきて26日の4時出発までタイに滞在予定。
26日の10時位には帰国できるはず・・
無事帰ってこられると良いな・・(ぇ
----------------------------------------------
今成田空港の第一ターミナルから書いてたり(笑)
中央駅から電車で2:15かけてやっとここまでついた・・
日本から出るまでに疲れるよ・・(^^;
空港に着いてみるとインターネット無料コーナーがあるし!
ってな感じでそこからここにアクセス☆
運がよければタイかミャンマーからまたアクセスできるかもしれず・・
(ミャンマーはまぁ・・軍政国家+ネット環境のインフラなんぞ多分皆無
だからほぼ㍉かもしれないけど)
んじゃ行ってきまつ~☆
---------------------------------------------
ここからは帰国後に書いた後日談

さてあのあと6時間ほど飛行機に乗って時差-2時間の国タイに23時頃に到着
ここで乗り換えて明け方8時のタイ航空でミャンマー入りの予定だったのでその間
空港内にあるホテルに泊まろうと思いきや満室!タイの空港は24H営業で真夜中
だってのにスゴイ人!さすが極東の島国の某田舎空港とはエライ違い!だてにハブ空港じゃないよね・・
(広さもハンパじゃなく空港の端がかすんで全く見えないほど遠い・・
 端から端まで何キロあるんだか・・Σ( ̄ロ ̄lll)
そんな感じで人が多いので空港内のホテルなんぞすぐ一杯になってしまうのだろう・・
仕方がないから一度タイ国内に入国してバンコク市内の中心にある安ホテルに泊まることに決定
外へ出ると東南アジア独特の湿気と熱気が・・
気温は約30度。日本との気温差約15度・・暑いのなんのw
タクシーで空港からバンコク市内まで約30キロ程を30分ほど。値段は約¥600位だったかな
安宿ってピンからキリまである中で今回はピンw。かなり綺麗なホテルだった・・(東南アジアではねw)
(キリはたこ部屋に見知らぬ人と泊まる感じ・・ドミトリーともいう。
ピンは日本で言うちょいと古びたビジネスホテルって感じ。値段はキリは数百円~、ピンは数千円~
ちなみに普通にホテルに泊まるとやはりン万円(^^;
ここでたったの4時間ほど睡眠をとってまた空港へ行くことに・・・






テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/18 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミャンマー・ヤンゴン泊
この日は8時のタイ航空でミャンマー入り
タイ-ミャンマー間は時間にして1時間
わずかこれだけの距離なのに国力・文明レベルは雲泥の差・・・・(--;
軍政が続く限り変わらないんだろうなぁ・・

さてさて空港に着いてまず目に入ったのが送迎バス
通常どの国でも首都にあるメインの空港なら空港ビルにエプロンがついてるものだが
さすがミャンマー。んなもんない!建物からバスで飛行機との間を行き来する。
んでココがつっこみどころ。そのバスが京浜急行バス(笑)京急はミャンマーにまで
進出してるのかぁ!と思わず突っ込んでみたくなる(^^;
まぁ実際は京急の払い下げ品(中古車やね)を塗装まんまで国の施設で(←ココ重要w)使ってるだけだったりする(笑)
んで、いつも乗ってる京急バスに乗りw空港ビル(ってかビルじゃないんだけね・・)に入り
我先に入国審査官の元へ。大抵の国は外国人はパスポートに判を貰うのに0.5~2分位かかるけど
この国はさらに長い・・今回は5分位待ったかな・・そして後ろには数十人の列・・Σ( ̄ロ ̄lll
下手に後ろに並ぶと1時間待ちはザラだったりする・・・・(--;
そして荷物を受け取りいよいよヤンゴン市内へ
基本的に1年10ヶ月前とほとんど変わってなかったけど唯一変わったとすれば・・
超旧型車種が激減したことか・・話によると劣悪な環境下で部品もないし息絶えたとかなんとか・・(^^;
前回は60年代70年代の日本車が現役で走ってた。今回は80年代90年代の車が多かった・・
勿論上でも書いたけど劣悪な環境(主にガソリンがクソ・・不純物だらけの粗悪品)で生ガス吐きながら走って
アイドリング中は回転低すぎてストールしそうになるし・・窓はあるだけマシでドアは中からは開かなく
窓の外に手を出して外から開けたり・・話のネタが尽きないね(笑)
んでまぁ話は戻ってヤンゴン市内へ入って前々から見てみたかったインターネットカフェへ行ってみたり。
案の定proxy通さないと接続できない仕組みでサイトは結構な確率でフィルタリングされてみれなかったり(--;
周りを見ればQuake系のゲームをしてるボンボン(こんなトコ来れるヤツは金持ちだけ・・)ばっか・・w
PCはどういうルートで仕入れたか韓国製のタワー型Cerelonマシン。グラフィックはGeForceMX400だった・・
この国じゃPCを個人所有なんて超!大金持ち意外ではまだ手が出ないらしいと思われ・・
公務員の年収の約2~3倍程度?(この国の公務員は一般職種と比べて給料低いらしいけどね)
日本人の感覚で500~900万円?そら手が出ない罠・・(--;


写真:空港バス




テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/19 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミャンマー・チャイントン泊
今日は国内線で中国国境近くのチャイントン(Kyaingtong)という所まで来た
ミャンマーは連邦なので田舎の方は少数民族が納めているらしい
チャイントンはシャン民族が納めるシャン州に属しているそうな・・
そんなチャイントンまで直行なら多分1時間半くらいの距離なのだろうがさすがミャンマー
ココに来るまでに空港4つに各駅停車w
着陸したら飛行機に乗ったまま10分ほど待たされてまた離陸を繰り返し繰り返し・・
約4時間後にやっと現着・・・・(--;
まず空港に降りて絶句・・
空港ターミナルは小さい平屋建て・・
管制塔らしき物は見えるもののレーダーはなく航空無線用の細いポールにアンテナ線が張ってあるアンテナだけ・・
第一印象は「すごいトコ来ちゃったなぁ・・・・」だった・・
んで空港を出てさらに絶句・・
この時思ったこと「バラックで出来た露店があるだけなんですが何か?・・Σ( ̄ロ ̄lll」
んなコトを思いながら2輪タクシーに初!二輪・初!二ケツwで街の中心部へ
最初どこに足をかけるのかも分かりませんですた(--;
(どうもあまりの悪路と細い路地の為四輪のタクシーはあまり無いらしい)
さすがに中心部はコンクリートの建物があってすこし安心(んでも2F建て止まり・・)
まずは2日間泊まる宿に到着。まぁゲストハウス調の日本で言う民宿な宿。
なかなか綺麗で一泊$10。ちと高いけど日本人的には激安。が、一つ問題が・・
(ミャンマーは外国人が泊まる宿は必ず米ドル払い。これで外貨を稼いでるらしい)
電気がつかない・・Σ( ̄ロ ̄lll
宿の主人に聞けばなんと昼間は電気が来てないそうな・・さらに夜でも滅多に流れてこないため
自家発電に頼ってるとのこと。しかも18時~22時の4時間だけ・・(--;
やっぱすごい所でした・・・・w
んでこのあとタクシーの運ちゃんが温泉があると言ってきたのでそこへ行くことに
バイクで片道20分。尻を悪路で痛めながら行ってみると・・
確かに硫黄の臭いがするではないですか!間違いなく温泉が沸いていた。
日本の温泉とはスタイルが全然違い、全部個室。しかも脱衣所はなくバスタブと横に小さな人が二人ほど
並んで立てるスペースがあるだけ。そこで服を濡らさないように脱がなければならないらしい・・(--;
温度はかなり高く、加温していない今時日本では珍しい100%ピュアな温泉っぽぃ。
ミャンマー人も温泉入るだね~と関心しながら疲れを落としてこの日は終了~(ぇ


写真:チャイントン郊外




【2003/11/20 00:00 】 | 着ぐるみ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミャンマー・チャイントン泊
今日は山岳民族を見学へ。
昨日も言ったけどココはシャン民族が治めるシャン州なのだが
シャン民族以外にもアカ族やらン族やら他数族が市街地からバイクで
約30~40分位の所に点在して暮らしている
隣と隣の民族の距離はバイクで約5~10分、感覚的に山岳民族の居住地区みたいな感じだね
今回行った村々は基本的には市街地で暮らしている人との交流はほとんどないらしいが
たまーに作物やらを市に売りに行ったりして少量の金を得ているらしい
まぁんな所へTAXIの運チャン曰く手みやげに甘いキャンディーとかを持っていくと喜ばれるとのことで
町で買ったキャンディーを村々の子供達に上げたらまぁ喜ぶ喜ぶ
文明社会以外では甘い物というのは滅多に手に入らないということを改めて認識
そういやぁ日本も昔は甘い物は嗜好品だった時代もあった訳で・・・
そうそう、写真に写っている子供達、この子達の年齢を聞いてビックリ!
右の二人は確か・・12歳とか13歳とからしい。栄養不足で発育が悪く日本人の見た目で5~6歳に見える
何もかもが驚きの連続ね・・・
(ちなみに下の2枚の写真は違う民族)









テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/21 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミャンマー・ヤンゴン泊
さて、いよいよヤンゴンに戻る日
チェックインタイム(空港での搭乗手続きの時間ね)が14時ということもあり朝市を見学することに
しかも2つ!一つは町からかなり外れた場所にある昨日言った山岳民族が売りに来る市場
ここは規模はさほどおおきくはなかったけど売っている物がすごかった・・
食料とか生活雑貨の他に注射器やその針、薬剤とう医学知識がなければ使えないものが普通に売ってたりする
この辺がさすがミャンマーだな~と・・(笑)
んでこの後もう一つの市場へ。ココは町の中心部に位置しておりとにかくデカイ!
売っている物もとにかく多彩。洋品やら食料やら山岳民族が付ける小物やら時計やら貴金属やら・・
日本人の考える朝市とは大分イメージが違い、感覚的には朝から昼まで営業してるショッピングセンターかな?
まぁそんなこんなで市場を堪能しタイムアップ。空港へ向かい一路首都ヤンゴンへ。

そうそう、ヤンゴン空港へ到着して信じられないコトが!
到着してすぐの機内でのこと。まだ駐機する前の機が動いている時に
「ピロピロピロ~♪」と携帯の単音着メロがどこからか流れてきた。
そしてこれ見よがしに金持ちが携帯を取り出しなんと!話始めたのだ! Σ( ̄ロ ̄lll
そして他の乗客2人位か?も携帯を取り出し、これみよがしに自慢げにどこかにかけ始めたのだ!
(携帯一台約20万円、日本感覚に換算して2000万円~4000万円位?んだから自慢したいんだよね)
そのあまりの無知ぶりに驚愕!!今や航空機内での携帯電話の使用禁止は世界的にも常識!それを
この国のアフォな金持ちは知らないのだ!まさに井の中の蛙!自分たちは特別な進んでいる人間と
アピールしたかったのだろうが、逆にそんな単純なルールも知らない田舎者ということを露呈した
形となったわけだww

まぁそんなコトがありながらヤンゴンへ到着して・・
まぁなんと環境の悪いこと・・チャイントンは田舎だったが空気は綺麗だった・・
質の悪いガソリン入れてるから排ガスがすごいし、電気はあるけど電圧安定しなくてろくに電化製品使えないし
挙げ句の果てに停電するし・・(120V~230V行ったり来たりしてる・・・・(--;)
んなこと思いながらこの日の夕食はなんと!日本食だったりする罠w
どうも日本人が経営している日本食レストランらしい、中は・・まぁ・・ね・・一応日本風ねw
メニューは本当に普通の日本食。カツ丼やらたこ焼きやら焼きそばやらオニギリやら寿司やら(^^;
で、味だけどこれがまともで驚いたw。どうも食材はタイとかから冷凍空輸してるみたい
その分値段も高くて日本で食べるのとトントンだったりするのね
こっちの人の感覚じゃ・・カツ丼一杯10万円?超高級ね・・Σ( ̄ロ ̄lll
こんな高くてやってけるんだろうか・・・などと思いながら夜がふけてゆく・・


写真:ヤンゴン市内




【2003/11/22 00:00 】 | 着ぐるみ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ミャンマー・ヤンゴン泊
この日はヤンゴンに流れている川を挟んだ対岸へ観光へ。(地名は忘れマスタ(--;)
驚いたのが川を挟んで対岸へ渡っただけで景色が一変したこと。そこはまるで田舎の農村部。
見渡す限りの沼地と田んぼと木で出来た高床式住宅。そんな景色に驚きながらパゴダ(寺院ね)
を見ただけで引き返してきたんだけど(ぉ、その帰り道にタクシーが仔犬轢くし ・・(泣
連れの人は大丈夫って言って車発進させたけど後ろみたら足を細かくピクつかせて倒れてる仔犬が・・ (´Д`;)
どうも動物をはねるなんてーのは日常茶飯事・・しかも動物愛護という精神はこの国の人間にはないらしい・・
まぁ考えてみれば自分が生きるので精一杯な途上国人がそんなこと考えるはずもなく・・
先進国の人間と途上国の人間の考え方の違いにちと萎えた(--;

さて、この後は眼鏡を作りに眼鏡屋へw
最初、途上国の技術で作った眼鏡なんて・・とすごい偏見を持っていたが考え変わりました(--;
まず今までの自分が使ってた眼鏡を検眼士に見せるとそこから大まかな度数を割り出し
実際にレンズをはめて検眼へ。これが以外にピッタリで驚き。さらに細かく調整していくんだけど
どうしてもあわずに乱視の検査器へ案内されるがその検査器が日本製の中古でさらに驚き。
んでそこから割り出された数字を元にさらに調整して度数がピッタリ。
日本だと完全に機械に頼った検眼なのだがこの国では検眼士の技術とカンで日本の技術に迫っている
のにさらにさらに驚き。そして出来上がりのレンズ。最高級のを指定して感じ的に10年前の日本の
レンズ技術。非球面とかはまだないけど中学生時代にしていたレンズとトントンのレベル。
これ見て技術力の高さに感心。そして偏見持っててゴメンなさいってな感じだった(汗(まぁ多分輸入物だけど・・)
んで値段がレンズ2枚1000円!フレームもチタン(って書いてあった・・w)
で5000円!あわせて6000円!安すぎ!






テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/23 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
タイ・バンコク泊
詳細は後日


写真:バンコク市内




テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/25 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
帰国
詳細は後日


写真:バンコク空港




テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2003/11/26 00:00 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。